クレジットカードのデザインについて

最近、たまたま「クレジットカードはデザイン重視で選ぶ!」という人に会い、びっくりしました。その方は自分のキャラクター付きカードに大満足するあまり、私にもその良さを滔々と語ってくれたのです。申し訳ないのですが、キャラクターものに全く興味がない自分としては「年会費高いのはちょっとなあ」としか感じられませんでしたが。クレジットカードは支払いの際にしか人目に触れることはないものですが、そこでちらっと人間性をのぞかせるものとも言えます。多くの場合は「この人はゴールド所持者!」「一般カード…」と言う風に、経済的なステータスを掲示する作用でしょうか。それを見越してプラチナカードをひけらかしていた男性がいましたが、これはちょっと周囲の失笑を買っていました。万年一般カード会員の私としては、「財布の中で良く目立って、なくしにくい」「店レジカウンターへの置き忘れ防止に役立つ」という意味で、目立ちやすいデザインが適切かな、と考えます。