月別アーカイブ: 10月 2016

テレビCMを観て作ってみたら

以前にクレジットカードでなければ決済、登録のできないサービスがあり、社会人になりたての私はクレジットカードを持っていなかったので、ならつくってみようかと申請したのだけれど、申し込みは書面で郵送と面倒だし審査には時間がかかるというし嫌になってやめてしまったのですが、テレビCMで簡単にWebのみで申請や審査ができると広告していたので、試しに作ってみました。結果はほぼ1日で必要な手続きは済み、1ヶ月もしないうちにカードを手にしてネットでの決済が便利になり、少し無駄遣いも増えたようにも感じますが便利だしポイントもつくのでお得だと感じているので、クレジットカードを作っておいて損はないかなと今は考えています。

初めてのクレジットカード

大学生になって初めてのクレジットカードを作りました。海外に行くということでVISAカードを選びました。初めてのクレジットカードを使ったのは空港でお昼ごはんを食べたときです。初めてだったので不安でしたが会計の際にカードを差し出すだけで店員さんは理解してくれて何の問題もなくカードを使うことができました。次に使ったのはホテルの支払いのときです。10万以上の支払いで上限が超えてしまうので払えないかと心配していましたが、友達のカードと2枚を使って2つに分けるとこで何とか上限内で支払うことができました。このときはピンコードを求められました。ピンコードを打つときと打たないときの違いは金額によるものなのかと疑問に思いました。

デビットカードを使おう

私は初め軽い気持ちで借金をした。3年前からロードバイクを趣味にしている。タイムセールで5万円の完成車をどうしても買いたい気持ちがあり、手持ちが無かったため、金融関係者から借金をした。すぐに返せるだろうという甘い気持ちがいけなかった。何よりも悪いことをしているという感覚が全くなかった。その借金は利息でみるみる膨れあがり、すぐに倍の10万円程になってしまった。さすがにまずいと感じその場をしのぐために、他の金融業者から10万円を借りて前の業者の借金を返した。このようなその場しのぎを複数回重ね、最終的に100万円程になってしまった。現在では真面目に働きなんとか完済したが、借金の日々を思い出しては震える思いをしている。貯金は大事であると痛感した体験だった。クレジットカードも同じような現象が起こりうる。ひどい場合、自己破産の手続きをしなければならない。そうすれば社会的信用を失ってしまう。そうなることを防ぐために、是非デビットカードを利用して頂きたい。現金で支払う代わりにカードで支払うだけであるから、借金をする訳では無い。自分の身を守るためデビットカードを利用することが良い。