クレジットカードの利用で気をつけるべきことについて

クレジットカードの利用で気をつけるべきことについて私の個人的な見解です。確かにクレジットカードを利用するようになると少額の決済から大きな買い物まで非常に便利な事は分かっています。さらにポイントの付与されるので総合的にはお買い得なようになるのは間違いありません。しかし、マイナスな部分もあります。それがクレジットカードが簡単に利用できるのでついつい使いすぎてしまう点です常に利用明細を確認しながら翌月の支払いを考えておかないとついつい使いすぎてしまうことがあるので注意が必要となります。このポイントさえ注意してクレジットカードを利用するようにすればその他はクレジットカードについてはマイナスのポイントはないと私は思います。

クレジットカードのポイントで買う勇気

クレジットカードのポイントがある程度、貯まったのでそれを使ってお店で化粧品とかを買おうと思っています。でも、買う勇気がありません。たった一つの安価な化粧水をポイントで購入っていいのかなと思い悩みました。それならいつもと違う店を利用すればいいだけのことですが別の系列店はどこも遠いです。クレジットカードが電子マネーとポイントカードにもなっています。カードで1回払いだとこのポイントが利用できません。電子マネー機能を使うとポイントを使えます。複雑ですけど、とにかくお得に買いたいと思っています。普通はこのポイントを日々の支払いの足しにするのでしょう。しかしそのような使い方はしようと思ってません。でも勇気がありません。どんな使い方がスマートなのか模索中です。

クレジットカードの利用額について

クレジットカードの請求額をインターネットで確認したら、思っていた以上に請求が来ていたので、少し利用を控えようと考えています。私が使っているクレジットカードは、インターネット上からリボ払いを申し込むことができるので、支払い額確定までの間にもう少し料金が上がるようだったら、リボ払いを申し込もうと思っています。毎月のクレジットカード利用額は、できれば10万円以内に抑えたいのですが、固定資産税や大型家電の買い替え、自動車税などの支払いが続くと、どうしてもそれよりオーバーしてしまいます。ですが、税金の支払いにもポイントが還元されるのは、クレジットカードの良いところだと思いますし、こまめに還元してもらえるので助かっています。

クレジットカードのポイント

最近、クレジットカードを解約する必要が生じて、あれ?そういえばポイントって溜まっているんだっけ…と思い、インターネット上で確認してみました。auのクレジットカードで、溜まったポイントを電話料金にも充てられるという便利な一枚です。それなのに、日々の生活が忙しくてポイントのことなどすっかり忘れていました。今はウェブ上で確認する明細が一般的ですから、あまり月々の使用状況を確認することも忘れている状況でした。ですから、なおのこと毎月ポイントがどのくらいたまっているかなんて確認しません。たぶん、こうやってポイントを大量に貯めていながらそのまま失効する人がいるんだろうな、と思いました。何とかポイントのことを思い出したおかげで、4000ポイントほどを約4000円のお買い物に使うことが出来ました。

クレジットカード紛失後に大変手間なこと

クレジットカードを失くした後は様々な手続きが大変なのですが、私はネットショッピングのために登録していたカードを更新するのに長期間かかりました。アマゾンなど大きな所はすぐわかるのですが、その他細々と登録した他サイトまではメモしていなかったのです。先日それで大失敗したのが映画チケットのオンライン決済です。映画会社にクレジットカードを登録していたのは覚えていたので更新済みだったのですが、失くす少し前に楽天サイト経由で購入すればポイントが貯まることを知り、楽天経由で購入していたのをすっかり忘れていたのです。見たい映画上映時間の残席は少ししかなかったのですが、とりあえず間に合ったと思い楽天経由決済しようとすると、エラーが出ました。そこから焦って楽天サイトのクレジット登録に手間取っているうち、結局映画の席は埋まってしまったのです。もう無いと思っていた登録カード更新、すっかり油断していました。こういったミスがもう起こらないように、現在はクレジットカードの登録サイトを手書きで全てメモしています。

クレジットカードをつくるのなら特典を意識しましょう。

年会費無料がお得なのはだれでもわかっていますが、付属しているサービスによっては、年会費を払ってまで作ったほうがお得なカードが多数存在しています。カードでの購入であれば、商品が壊れたさいも保険が適用されて、買った額の9割が戻ってくる、というカードもあるので、多くの買い物をクレジットカードでされるかたは、そういったカードがお得です。それから、期間内でいくらか使用したら、商品券としていくらかもらえるカード。年会費を払っても、逆にプラスになってくるので、かなりお得でしょう。旅行のさいに付帯される盗難保険や旅行保険の有無。ETCカードは無料でついてくるのか、など。クレジットカードの特典を一気に調べられるサイトもあるので、そちらをみて、お得なカードを探してから作ってみてはいかがでしょうか。